結婚式の招待状を送るタイミング

結婚式の招待状を送るタイミング 結婚式の招待状を送るタイミングは、早すぎても遅すぎてもゲストの予定に影響を与え迷惑になってしまうことがあるので、丁度良い時期を見計らうことが必須となってきます。
一般的には二ヶ月から三ヶ月前にゲストの元に届くように手配するのが基本であり、このタイミングがゲスト自身が自分の都合を把握できる時期でもあるからです。
遅いと既に予定が入ってしまっていて、調節で迷惑をかけたり参列してもらえない事態にもなりかねないので気をつけましょう。
早いに越したことはないと考えがちですが、早すぎると先の予定が立っていないので困るという人が多かったり、先すぎて忘れてしまうという人もいるので早ければ良いものではありません。
結婚式を挙げるときには良い日になるように気をつけるように、消印日が大安になる日に投函することにも気を配っておくことが大切です。
招待状を送る時期を間違えてしまうと、ゲストに迷惑をかけることになり常識がないと思われかねないので気をつけるべきです。

結婚式の招待状はいつ送るとよいか、気を付けるポイントと共にご紹介

結婚式の招待状はいつ送るとよいか、気を付けるポイントと共にご紹介 いざ結婚が決まり、結婚式をとりおこなう日程が決まったら、出席してほしい方に招待状を送ることは喜びとなるはずです。
では、いつ送るとよいのでしょうか。
基本的には2ヶ月から3か月前に送付し、1か月前には出欠の集計を取り、出席者を確定できるようにした方が良いでしょう。
ですが、招待状を送るまでには様々な準備が必要です。
まず、5ヶ月から6ヶ月前には結婚式に招待する人のリストや住所を調べます。
加えて4か月前には書面の記載やデザインを決め、業者に発注したり、郵送の準備をします。
さらに2ヶ月から3か月前に本人に届くように宛名などを記載したり、郵送します。
これは国内で挙式を行う場合で、海外で式を挙げる方は、式場が決定した直後に交通費や宿泊費の負担を誰がするかを決めることが必要となります。
そして、正式な書面を送る前に日時や交通費・宿泊費について伝えておきます。
こちらの申し伝えが結婚式当日の1年から半年前になります。