結婚式の招待状の返信は催促できる?

結婚式の招待状の返信は催促できる? 結婚式の招待状を送っても返信がこなければ催促したくなりますが、その一方で催促することで角が立ちそうだと思っている人も多いです。
しかしながら、しっかりと参加できるかどうかを確認していないと、トラブルのもとになってしまう可能性があります。
結婚式に参加してくれるかどうか聞きたいのであれば、角が立たないように尋ねることが大切です。
締め切り日を設けていても、締め切り日当日にポストに投函する人もいます。
すれ違いで遅れて届く可能性があるので、期日を3日ほど過ぎても返事がなければ、やんわりと尋ねてみると良いでしょう。
その際には「すれ違いになっていたらごめんなさい」「きちんと届いているかどうか心配になったので」などと、責めないような言い回しをするように気をつけてください。
なるべく早く出欠を確認したいと思う人は多いはずですが、すぐに返信がなくても対応できるような期日を設け、返事がない場合は少し待ってからやんわりと催促のメールを送ったり電話をしたりすることがおすすめです。

期日はいつ?結婚式の招待状の返事はいつまでに出せばいい?

期日はいつ?結婚式の招待状の返事はいつまでに出せばいい? 結婚式は人生の中でも一大イベントとも呼べる大きな行事の1つです。
結婚式に呼ばれる人は、新郎新婦と非常に親しい間柄であり、そのような特別な関係の人にお祝いしてもらいたいという気持ちで招待状を出しています。
参列できる場合でも都合が悪くて行けない場合でも、返事を出すタイミングにはマナーがあるので注意が必要です。
参列できる場合は手紙に書かれている期日に関係なく、招待状が届いたらできるだけ早く提出するようにしましょう。
参列できない場合は手紙が届いてから数週間してから出すのが良いとされます。
スケジュールの調整をして頑張ってみたけれど、参列が難しいというムードを出すためです。
すぐに不参加の返事を出してしまうのは心象が良くありません。
期日が設けられていますが、ギリギリになってしまうのもよくありません。
新郎新婦はたくさん用意をしており、お金の問題や席の決め方など、早めに参加者を知っておかないと用意をするのも大変になってしまうからです。