招待状の返信方法

招待状の返信方法 親族や友人から結婚式の招待状を受け取ると、当日の晴れ姿を想像してわくわくした気持ちになります。招待状には返信用のハガキが同封されています。その返信の方法にはいくつか覚えておきたい約束事があるのです。
まず、早めに行うことです。受け取った後、三日以内が理想ですが、遅くなる場合でも一週間以内には送るようにしましょう。新郎新婦は結婚式の出席者の人数を把握してさまざまなことの調整を行わなければなりません。そのため、早めに行う必要があるのです。
ハガキの書き方にもマナーがあります。書く際に使用するのは黒のペンが望ましいです。毛筆や万年筆が理想ですが、ボールペンでも問題はありません。
宛先欄に予め記載されている「行」や「宛」といった文字は二重線で消しておきます。代わりに「様」と書き直しましょう。
また、出欠を記入する欄にも「御出席」「御欠席」「御住所」といったように自分への敬称が使われています。こちらも宛先欄と同様に行います。
メッセージの欄には新郎新婦へのお祝いの言葉を書いてください。

結婚式の招待状で欠席を伝える

結婚式の招待状で欠席を伝える 結婚式への招待状が届いたものの、様々な事情から出席できないこともあるでしょう。そのようなときは欠席することが確実であったとしても、すぐに返信するのは避けるのがマナーです。受け取った新郎新婦が、「出席したくなかったのかな」と不安に感じてしまう可能性があるためです。
そこで、招待状を受け取ったら、まずは電話やメールでお祝いを伝えるようにします。同時に、もしかしたら出席できない可能性があることと、できる限り予定を調整する旨を伝えます。返信はがきを送るのは、その後にすると丁寧です。とは言え、最終的な結論を知らせるのが期日のギリギリになってしまうと、新郎新婦に迷惑をかけてしまいます。そのため、期日にはある程度の余裕を持つようにしましょう。
なお、返信はがきへの記載ですが、結婚をお祝いする言葉とともに結婚式に出席できずに残念な気持ちであることを書き加えるのがベターです。また、欠席する代わりに祝電やご祝儀を送ることでお祝いの気持ちを伝える方法もあります。